独立して働くための能力

IT関連の技術者として仕事をしている人の中には、フリーランスとして独立して働きたいと考えている人が少なくありません。
Webディレクターやシステムエンジニアなど様々な職種がありますが、会社勤めをしていた時に身に付けた経験を基に、各自仕事を得るために勉強を重ねた結果として、様々な職種に特化したフリーランスエンジニアとして働けるようになるわけです。
会社勤めをしている間は、与えられた仕事を時間内にこなす作業が中心となりますから、時間管理については、プログラマーとして働いていれば、プロジェクトマネージャーにより管理されています。
独立開業して請け負った仕事については、時間管理は各自の責任において行なうことになるので、技術面だけを磨いても一人前となれるわけではありません。
会社員として働いている期間には必要とされない能力が、独立開業することで必要となってくるので、フリーランスとして働く際には職種に見合った能力を追加で習得しておく必要があります。

フリープログラマーとして働く際には、まず営業により仕事を獲得する必要があるでしょう。
獲得した仕事を、納期に間に合わせつつ低コストで作るために、工程と時間管理を自分で行わなければなりません。
不足している知識がある場合には、すぐに埋めながら行なうことになるので、営業力・時間管理能力・技術力の3つが揃って初めて独立開業が成功することになります。
得られる報酬が大きいので、自らの性格を知った上で目指すことが必要です。