フリーランサーの存在意義

IT業界には、多数のフリーランスエンジニアが存在しています。
プログラマはもちろん、その他の職種にも、見えないところに多数のフリーランサーの存在があるのです。
彼らは、どういったときに活躍するのでしょうか。
一つに、納期が迫っているのにプロダクトが完成しないとき、急遽呼び出されることがあります。
企業は社員を雇って仕事をしているのですが、自社の社員だけでは納期に間に合わせられないというケースが出てくるのです。
そのときには、フリーで働いている人たちにまで声がかけられます。
フリーランスのエンジニアが日本にはたくさんいてくれるおかげで、多くの仕事が納期に何とか間に合っているという現状があります。
もしもすべての作業を自社社員だけで行わなければならないなら、IT業界はもっと緩やかなスピードで成長をしていたことでしょう。
フリーランサーがここぞという場面でヘルプに来てくれるおかげで、業界内では多少の無理ができているわけです。

また、フリーソフトの作成や、小規模なアプリの作成にはフリーランスの人が関わっていることも多いです。
企業では、儲かることしかできないのが普通です。
半ば慈善事業のような儲からない仕事は、企画をしてもその段階で撥ねられてしまいます。
フリーランサーは個人で仕事をしているケースが多く、それほど多くの利益が見込めない作業もできるわけです。
世の中に便利なソフトが多いのも、多数のフリーランサーが存在してくれているおかげなのです。